ここから本文です

ベッテル「バトンは寝てたのか? ブロックされなければ余裕で3位だった」:フェラーリ ハンガリー土曜

オートスポーツweb 7月24日(日)12時23分配信

 2016年F1ハンガリーGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは5位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP ジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 
■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=5位
 5位には満足していない。もっといい結果が出せたはずだからだ。
 最初はめちゃくちゃだったけど、それを切り抜けた後、マシンのパフォーマンスはよくなった。午後に向けて改善したのに、残念ながらそれを示すリザルトを出せなかった。ペースはあったのに、いいラップを走ることができなかったんだ。
 
 悔しいよ。終盤、とてもうまくいっていて、0.5秒縮めていたんだ。そしたらイエローフラッグが出ていて、足止めをくったけど、その後もプッシュし続けた。そしたらひどいトラフィックに出くわした。時々そういうことはあるものだけど。
 
 でも明日、表彰台を戦える速さがあると思っている。いいスタートを切って、そこから上を目指したい。長いレースになるから、何が起きてもおかしくない。それに、僕らはだいたいレースペースの方が優れているからね。
 
 普通は全員が最速の戦略を選ぶものだけど、それでも何かできることはある。何かうまくやれるチャンスが訪れたら、僕らのチームにはそれができる人材が揃っている。彼らを信頼しているよ。
 
(Q3終盤のトラフィックについてF1iに対して語り)フェアじゃないよ。最後にイエローが出てたんだけど、(その後)ジェンソン(・バトン)がどいてくれなかった。そのせいで大量に時間を失い、そのラップをうまく締めくくることができなかった。
 
 彼は寝てたんじゃないかな。(イエローフラッグの後も)プッシュし続けているドライバーがいるってことを考えてもいなかったんだろう。だから彼はペースを落とし、その後、ピットに戻った。
 
 ターン12の入口で彼はどいてくれなくて、ターン13でようやく気付いてどいたんだけど、そのころには僕は大量に時間を失ってしまっていた。最終コーナーだけプッシュしたって意味がない。こういうことがなければ、余裕でトップ3に入れた。がっかりだよ。
 
 FP3の後でマシンに変更をしたら、それがうまくいった。すごくいい状態になってきていたんだ。なのにそれを結果につなげることができなかった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)12時23分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]