ここから本文です

クビアト「チームのミスが多すぎた」:トロロッソ ハンガリー土曜

オートスポーツweb 7月24日(日)15時33分配信

 2016年F1ハンガリーGPの土曜予選で、トロロッソのダニール・クビアトは12位、カルロス・サインツJr.は6位だった。

F1ハンガリーGP 最新フォトコーナー

 
■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 予選=12位
 本当に肝心なときに、特にコース上のポジションの部分で上手にマネージングができず、失敗したと思う。スリックへ交換しようとピットに戻った時にはタイヤの準備ができておらず、作業に手間取り、長い間待たされた。 
 
 それから、最後のアタックという大事な場面で、(ジェンソン・)バトンの後ろに引っ掛かってしまって……。
 
 自分が失敗したときは自分で手を挙げることにしているが、今日の場合は逆だと思う。
 
 もっと上からスタートできないのは残念だけど、この状況では12番手が、僕に可能な最大限の結果だった。本気でQ3に進出したかったから、何が起きたかを分析し、ミスから学ぶ必要がある。明日は順位を回復し、前進するためにベストを尽くす。良いレースになる可能性は残っているよ!
 
カルロス・サインツJr. 予選=6位
 なんて予選、そしてなんて結果だ……とても良い気分だよ! 本当のことを言うと、FP3でのペースからは、Q3進出もままならないと思っていたんだけど、予選になったら全てが好転した。 
 
 マシンに乗った時のフィーリングもずいぶん快適になったし、雨と涼しいコンディションが助けになったのは間違いない。僕のキャリアのなかで、たぶん最も厳しい予選だった。走るたびにタイヤのチョイスや、どのラインを取るか、路面のどこがドライでどこがまだウエットなのかという判断をしなければならなかった。タイヤも冷やしたり、かと思ったら温めないといけなかったし……本当に、とても難しかった!
 
 でも僕らは毎回、良いタイミングで正しい位置にいられて、全セッションを切り抜けることができた。そして、明日に向けて素晴らしいポジションで終われたんだ! レースでも、予選でのフィーリングを維持できることを願っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)15時36分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。