ここから本文です

GT500:把握しきれないほど連発した好バトル。KONDO GT-Rが大逆転で今季初V

オートスポーツweb 7月24日(日)18時2分配信

 2016年のスーパーGT第4戦SUGOの決勝レースは、終盤のGT300車両が最終コーナーでクラッシュによる赤旗で74周で終了。GT500はフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが今季初優勝を飾った。

 朝から雨模様となっていたスポーツランドSUGO。お昼前に一時止んで路面もドライコンディションに戻ったが、霧雨がぱらつく中でレースが開始された。

 スタートでは順当に通過。WAKO’S 4CR RC Fのアンドレア・カルダレッリがスタート直後から順調に後続を引き離すが、GT300との混走に入るとKEIHIN NSX CONCEPT-GTが背後に接近。小暮卓史がプレッシャーをかけていった。
 なんとか逃げたいカルダレッリだったが、6周目の1コーナーでGT300のイン側に入ったところで、GT300がアウトからターンインして2台が接触しスピン。ポールポジションから優勝も期待されたが、カルダレッリは13番手まで後退してしまった。


 トップに立った小暮は、GT300の混走の隙を突かれZENT CERUMO RC Fの石浦宏明に一瞬インを突かれるが、ギリギリのところでブロックし順位を守りきった。

 一方、3位以下の順位も大きな動きを見せる。au TOM’S RC Fはシーズン中のモノコック交換を行ったため10秒ストップのペナルティを受けて順位を下げ、4番手にRAYBRIG NSX CONCEPT-GTが上がる。

 だが、RAYBRIGは12周目のレインボーコーナーでDENSO KOBELCO SARD RC Fのヘイキ・コバライネンにパスされ、その後は一気にペースダウン。タイヤのピックアップなどがあったようで、1周あたり5秒近く遅くなってしまい、後続のライバルに続々と抜かれていってしまった。

 トップ争いにも波乱が起きる。16周目の馬の背コーナーで石浦がインに飛び込んだところを小暮がブロックした時に2台が接触。小暮はスピンを喫し、13番手まで後退してしまった。これでトップはZENT RC Fとなったが、2番手まで浮上したDENSO RC Fのコバライネンが好ペースで接近。GT300との混走もうまく使い、23周目の1コーナーでトップに浮上。その後も後続とのペースを広げ、自身のGTでの初優勝に向けて周回を重ねた。

 レースも中盤に入ろうとした26周目、マッハ車検MC86が最終コーナーでスピン。グラベルにマシンを止めてしまったため、セーフティカー(SC)が導入された。昨年のSUGOでは、SC中に各車が一斉にピットインし大混乱となったが、今年はルールでSC中のピット作業は禁止となっている。しかし、27周目でドライバー交替ができるレース全体の3分の1を経過したため、30周終わりでレースが再開されると、6番手走行のフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rを始め、4台のマシンがピットイン。ここでフォーラムエンジニアリングはタイヤ無交換作戦を選択し、これが後半に向けて大きなアドバンテージを得ることになる。

 一方、トップ争いはSCで差がなくなり、DENSO RC Fの後方には14番手からスタートしたWedsSport RC Fの関口雄飛が接近。どのコーナーでも積極的に並びかけ、ストレートエンドではブレーキング勝負で飛び込んでいくが、勝負どころを心得ているコバライネンは最終コーナ一の立ち上がりからストレートでイン側を徹底して譲らず応戦。アウトから並びかける関口とのサイド・バイ・サイドのバトルが何度も続く白熱した展開となった。

 44周を終えたところで2番手のWeds RC Fがピットインし、関口から国本雄資に交替。一方、DENSO RC Fは46周終わりにピットへ。こちらは素晴らしいトップ争いを演じたコバライネンから、平手晃平にバトンタッチ。ピットを後にするが、背後にはフォーラムエンジニアリング GT-Rの佐々木大樹が接近。DENSO RC Fはアウトラップでタイヤが温まっていないこともあり、レインボーコーナーを抜けたところでトップを奪われてしまう。

 しかしその後、タイヤが温まると平手もペースアップ。すぐに追いつき佐々木に勝負を挑んでいった。平手は馬の背コーナーで並びかけようと接近する。一時は押され気味だった佐々木だが、徐々にペースを取り戻し2.7秒まで平手との差を広げる。

 これで決まりかと思われたが、残り11周というところで平手が再び接近。さらに3番手のZENT RC F立川祐路と4番手のWAKO’S RC F大嶋和也、そして5番手のWedsSport RC F国本雄資も追いつき、残り10周を切ってトップ5台が2.5秒以内で優勝をかけてバトルをするという、SUGO戦では前代未聞の混戦になった。

 そして残り6周、佐々木が最終コーナーでGT300に引っかかったところを平手が抜きにかかり、そこに3番手の立川も加わり、一瞬3ワイドになりかけそうなバトルになった。佐々木はトップを死守したが立川が平手を1コーナーでパスし2番手に浮上。その直後に最終コーナーでアップガレージ・バンドウ86の山田真之亮が大クラッシュ。76周目に赤旗が出された。幸いドライバーは無事で自力でマシンを降りていた。

 赤旗により、ストレート上に両クラスのマシンが分けて停車。レース再開について協議されたが、選手権ポイントがフルポイント与えられる条件である全体の75%を超えていたこともあり、そのままレース終了。フォーラムエンジニアリング GT-Rが今季初優勝を飾った。なお赤旗によるレース終了の場合は2周前の順位が採用されるため、2位はDENSO RC Fでコバライネン/平手組で前回に続く2位表彰台。3位はZENT RC Fとなり、立川のオーバーテイクは幻となった。

 KONDO RACINGにとっては、昨年の第4戦富士以来となる優勝。タイヤ無交換の大英断を下した近藤真彦監督も「SC中にドライバーとヨコハマタイヤのエンジニアと相談して、最終的には僕が決めました。本当にタイヤもよかったし、ふたりのドライバーが本当に素晴らしかった」と満面の笑みをみせると、佐々木は「監督のギャンブルは良く外れるので」と突っ込み、近藤監督も爆笑するシーンが見られた。

 今年のSUGO戦はスタートからレース終了まで、とにかく抜きつ抜かれつの目まぐるしい展開で、例年以上に緊張感の高いレースとなった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)18時41分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]