ここから本文です

GT500優勝の佐々木「すべてがそろってタイヤ無交換作戦ができた」

オートスポーツweb 7月24日(日)19時55分配信

 スーパーGT第4戦SUGOの決勝でGT500クラスを制したフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rの佐々木大樹と柳田真孝が、決勝の戦いを振り返った。

●GT500クラス優勝:フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R

佐々木大樹

「柳田(真孝)選手もそうですが、タイヤを保たせながら速く走るということがお互い得意なので、ドライバー、クルマのセッティング、タイヤのすべてがそろってタイヤ無交換作戦ができました。逆に言えばギャンブルではなかったです。近藤(真彦)監督はギャンブルと言っていますが、しっかりと考えながらレースをしていました。ベストな走りをチームとしてできたから、優勝できたと思います」

「優勝できるクルマの状態に持ってきてくれたチームに感謝したいです」

「次戦の(第5戦)富士は去年優勝しているので、富士でも結果を残すことができれば、本当にチャンピオン争いに食い込めるという印象があります。浮かれず、次戦も頑張りたいと思います」

柳田真孝

「自分のスティントは正直全然覚えていません(笑)。それくらい後半が長かったし、佐々木(大樹)選手がタイヤ無交換で走っている状況を考えると後半の50周が本当に長かったです。できるならタイヤ無交換作戦で行きたい、というのがあったので序盤はとにかくタイヤをいたわって走る必要がありました。他のマシンのタイヤがタレてきたときに、前にいくことができました。それと同時にセーフティカーが入り、その最中に近藤(真彦)監督からタイヤ無交換で行こうかという話がきたので、『タイヤは保たせてるのでいけます』と伝えました」

「こういう状況は初めてでした。スタートをあまり担当しないので、もし大樹になにかあったら僕の責任でもあるし、とにかく何も起こらないでくれと願いました」

「次の(第5戦)富士、鈴鹿へ向けてしっかりと準備をして、シーズン後半にチャンピオン争いが出来るように頑張ります」


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月24日(日)19時55分

オートスポーツweb