ここから本文です

芳根京子、『べっぴんさん』オープニング撮影を報告「完成が楽しみです」

クランクイン! 7月24日(日)18時0分配信

 10月から放送のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロイン・坂東すみれを演じる芳根京子が、自身のブログにて同ドラマのオープニング撮影を報告。白いワンピース姿に傘を持った写真をブログに掲載し「完成が楽しみです」と明かした。

【関連】「芳根京子」フォトギャラリー


 『べっぴんさん』は、戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進。日本中を元気にかけぬけていくヒロイン・坂東すみれとその家族らが、共に夢に向かって駆け抜ける姿を描く。

 ブログでは、オープニングもポスターに引き続いて、美術家でアーティストの清川あさみが担当することになったことを明かした芳根。白いワンピースに、清川が制作した白い傘を持った写真も掲載し「こんなに可愛くて素敵な傘を作ってくださいました。嬉しい。映像でも清川さんの世界観に飛び込ませていただきます。完成が楽しみです」と綴っている。

 ファンからは「白ワンピ似合ってるよ」「オープニング楽しみです」「撮影がんばってください!」「素敵なオープニングになったらいいな」「べっぴんさん楽しみにしています」「べっぴんさん、いろんなことがどんどん進んでいて楽しみだなあ早く見たいなあ」など、番組への期待が数多く寄せられた。

最終更新:7月24日(日)18時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。