ここから本文です

広島・黒田が快挙達成 通算200勝に期待がもてる日本人投手は?

ベースボールキング 7/24(日) 10:00配信

岩隈が日米通算165勝

 7月23日の阪神戦で、広島の黒田博樹が日米通算200勝を達成した。日本人投手の200勝達成は、08年の山本昌氏(当時中日)以来の快挙。山本昌氏の達成から8年後に、黒田が200勝達成したことを考えると、かなり難しい記録といえる。そこで、現在200勝に近い現役投手が誰なのかを見ていきたい。

【通算150勝以上の現役日本人投手】
172勝 三浦大輔
165勝 岩隈久志 ※
164勝 松坂大輔 ※

※は日米通算

 通算150勝以上を挙げる現役日本人投手を見ると、三浦大輔(DeNA)の172勝、岩隈久志(マリナーズ)の日米通算165勝、松坂大輔(ソフトバンク)の日米通算164勝と、わずか3人しかいない。三浦は今年の12月で43歳を迎えるとなると、プロ野球新記録となる24年連続勝利の達成に期待はもてそうだが、通算200勝は厳しい。

 松坂は高卒1年目から3年連続二ケタ勝利を達成するなど、20代で白星を多く積み重ねたが、30代に入ってからは故障が多く、あまり勝ち星を稼げていない。今季も、ここまで一軍登板はなく、日米通算200勝が少し難しくなってきた。

 そうなると現時点で、最も通算200勝に近い存在なのが、マリナーズでプレーする岩隈だろう。岩隈は99年ドラフト5位で近鉄に入団。3年目の03年に初めて二ケタ15勝をマークすると、近鉄、楽天時代に5度二ケタ勝利をマーク。楽天時代は故障に悩まされながらも、08年には21勝を挙げる活躍を見せた。

 11年オフにFA宣言し、活躍の舞台をメジャーに移す。マリナーズに加入した1年目の12年は、シーズン序盤は登板機会に恵まれなかったが、後半戦からローテーションに定着し9勝。13年に14勝、14年にメジャー挑戦後最多の15勝を記録した。昨季は故障の影響で9勝に終わったが、今季は先発のローテーションの一角として、すでに11勝をマークする。岩隈は現在35歳と若く、故障がなければ十分期待できそうだ。

1/2ページ

最終更新:7/24(日) 11:39

ベースボールキング