ここから本文です

経営体験発表で世界大会優秀賞 国際ビジネス学院の大聖寺谷理事長

北國新聞社 7月24日(日)3時25分配信

 京セラや第二電電(現KDDI)の創業者、稲盛和夫氏が主宰する経営塾「盛和塾」の第24回世界大会が13、14日、横浜市のパシフィコ横浜で行われ、金沢市内で各種専門学校を運営する学校法人国際ビジネス学院の大聖寺谷敏理事長が経営体験発表の優秀賞に選ばれた。

 大聖寺谷理事長は中部北信越予選を通過し、世界大会に出場する6人に選ばれた。石川からの出場者で入賞は初となる。

 大聖寺谷理事長は繊維機械商社経営から学校経営に参入し、16年間の試行錯誤の末、8校の総合専門学校グループを築くまでの経験を語った。入塾により高収益を実現するようになったとし、次の夢として「専門職業大学」の創設に挑戦する方針を示した。大会は約5千人が参加した。

北國新聞社

最終更新:7月24日(日)3時25分

北國新聞社