ここから本文です

カブトに大喜び 夏休み最初の週末、県昆虫館にぎわう

北國新聞社 7月24日(日)3時30分配信

 夏休み入り後、最初の週末となった23日、石川県内の観光地には子どもたちの歓声が響いた。白山市の県ふれあい昆虫館では、今年で8年目を迎える夏の人気企画「カブトの森」がにぎわい、子どもはカブトムシを観察して「でかい」「強そう」と声を上げた。

 網で囲んだ約60平方メートルの一角に、約20匹が放し飼いにされている。坂井芳子館長は「9日の開設後も暑い日が少なかったせいか、今年のカブトムシの元気が良い」と話した。展示は8月21日まで。

北國新聞社

最終更新:7月24日(日)3時30分

北國新聞社