ここから本文です

「アジアン・カップ2016」フットゴルフ日本代表決定…元浦和の堀之内も選出

SOCCER KING 7月24日(日)10時55分配信

 一般社団法人日本フットゴルフ協会は20日、フットゴルフの「Mission Hills Footgolf Asia Cup 2016」の日本代表12選手を発表した。

 今年1月にアルゼンチンで第2回ワールドカップが開催されるなど、世界的で急速に普及しているフットゴルフ。そのアジア・ナンバーワン決定戦が、8月27、28日に中国・海南島、海口市のミッションヒルズGCで行われる。

 今回選出された日本代表は、3月から7月にかけて実施された「JFGA TOUR 2016」の第20回ジャパンオープンから第24回ジャパンオープンまでのポイントランキング上位者など12名。選出メンバーの中には2013年まで浦和レッズ、横浜FC、モンテディオ山形でプレーし、フットゴルフの第2回ワールドカップで日の丸を背負った堀之内聖氏も含まれている。

 現在は浦和のクラブスタッフとしてチームを支えている堀之内氏は、フットゴルフの世界デビューとなった同W杯では個人戦で予選落ちと悔しい思いをした。今回の代表選出について「今年はアジアンカップ出場にかけていたので、チャンスを生かしたい」と強い決意を明かしている。

「Mission Hills Footgolf Asia Cup 2016」は日本の他、地元中国、韓国、オーストラリアが出場。個人戦とチーム戦が2日間に渡って行われる。

SOCCER KING

最終更新:7月24日(日)10時55分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報