ここから本文です

名古屋オーシャンズが2大会ぶり3度目のアジア王者に…PK戦の激闘制す

SOCCER KING 7月24日(日)15時3分配信

 AFCフットサルクラブ選手権2016決勝が23日に行われ、名古屋オーシャンズとナフィト・アルワサト(イラク)が対戦した。

 名古屋は4分に吉川智貴のゴールで先制すると、同点に追いつかれて迎えた14分に齋藤功一が勝ち越し点をマーク。しかし2分後に再び追いつかれ、前半は2-2で折り返す。

 後半に入ると、33分にナフィトがダヒール・ハサンのゴールで逆転に成功。なんとか追いつきたい名古屋は残り5分からパワープレーに出ると、39分に酒井ラファエル良男が同点ゴールを奪い、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 5分ハーフの延長戦では、43分にナフィトがオウンゴールで勝ち越したが、終了間際の49分に星龍太が強烈なシュートを突き刺し、4-4でPK戦へ突入した。

 先攻の名古屋が6人目まで成功させると、迎えたナフィト6人目のキックをGK関口優志がストップ。PK戦を6-5で制した名古屋が2大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。

【スコア】
名古屋オーシャンズ 4-4(PK:6-5) ナフィト・アルワサト

【得点者】
1-0 4分 吉川智貴(名古屋)
1-1 8分 (ナフィト)
2-1 14分 齋藤功一(名古屋)
2-2 16分 (ナフィト)
2-3 33分 (ナフィト)
3-3 39分 酒井ラファエル良男(名古屋)
3-4 43分 (ナフィト)
4-4 49分 星龍太(名古屋)

SOCCER KING

最終更新:7月24日(日)15時3分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]