ここから本文です

「マラカナンに戻る」…ネイマール、リオ五輪の目標は「チャンピオン」

SOCCER KING 7月24日(日)15時22分配信

 オーバーエイジ(OA)枠としてリオデジャネイロ・オリンピックに出場するブラジル代表FWネイマール(バルセロナ)が、大会への意気込みを語った。23日付のスペイン紙『マルカ』などが報じている。

 2012年のロンドン・オリンピックに続いて自身2度目の五輪出場となるネイマール。OAとしてチームをけん引するであろう同選手は、「マラカナンに戻ることを望んでいる。勝敗を決めるゴールをマークし、パスでチームを助けたい。そして誰もが知っているように、チャンピオンになりたいね」とコメント。決勝が行われるリオデジャネイロのマラカナン・スタジアムで活躍することを願った。

 ネイマールはさらに、「僕たちは歴史を作る素晴らしい機会を与えられた。ブラジルにとって前例のない金メダルを獲得できるチャンスをね」と続け、同国史上初のオリンピック優勝へ強い思いを口にした。

 過去3度、オリンピック決勝の舞台で敗れているブラジル。ネイマールが出場した前回大会でも、ファイナルでメキシコに敗れ準優勝となった。同選手は、「前回は銀メダルだったけど、今回は金メダルを獲れると希望を持っている」とロンドンでの悔しさを糧とすることを誓った。

SOCCER KING

最終更新:7月24日(日)15時22分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。