ここから本文です

英代表DFストーンズ、マンC移籍が近づく…エヴァートンは後釜模索

SOCCER KING 7月24日(日)18時49分配信

 エヴァートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズが、マンチェスター・Cへの移籍に近づいている。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 チェルシーやバルセロナなど多くのビッグクラブが関心を示していたストーンズ。昨夏の移籍市場ではエヴァートンへ残留することとなったが、今夏にクラブを離れる可能性が高まっている。

 同紙によると、マンチェスター・Cがエヴァートンに対して5000万ポンド(約69億2000万円)のオファーを準備。すでにエヴァートン側に移籍の意思を伝えたと報じられているストーンズ自身も、マンチェスター・Cの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを希望しているという。

 ストーンズに新契約を提示したエヴァートンだったが、同選手の引き留めは困難な状況となった。すでに後釜探しに奔走しており、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、ポルトに所属するオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディらと交渉を開始しているという。

 ストーンズは現在22歳のセンターバック。バーンズリーの下部組織出身で、2011年にトップチーム昇格を果たす。エヴァートンへは2013年冬に移籍し、これまでに公式戦通算95試合に出場してきた。また、2014年5月30日の国際親善試合ペルー代表戦でイングランド代表デビューを果たした同選手は、これまでに代表Aマッチで10試合に出場している。先日開催されたユーロ2016でのプレー機会は無かった。

SOCCER KING

最終更新:7月24日(日)18時49分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]