ここから本文です

岡崎が5人目のキッカー務める レスターがPK戦でセルティック下しIC杯白星発進

ゲキサカ 7月24日(日)3時46分配信

[7.23 IC杯 セルティック1-1(PK5-6)レスター・シティ]

 インターナショナルチャンピオンズ杯(IC杯)は22日、米国・欧州ラウンド1日目を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)はセルティック(スコットランド)と対戦し、1-1で突入したPK戦の末にPK6-5で勝利した。ベンチスタートとなった岡崎は後半16分から途中出場している。

 この日も4-4-2の布陣を採用したプレミアリーグ王者は、19日のオックスフォード・ユナイテッド(イングランド3部相当)とのプレシーズンマッチからGKロン・ロバート・ツィーラーとDFダニエル・アマーティ、DFルイス・エルナンデス、MFマーク・オルブライトン、MFナンパリス・メンディの5選手を入れ替え、スコットランドリーグ王者に臨んだ。

 すでにUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)予選を戦っているセルティック相手に、レスターはパスミスや連携不足から相手に攻め込まれる場面もあったが、得意のカウンターからいくつもチャンスを作る。前半11分、MFリヤド・マフレズのスルーパスで右サイドを抜け出したMFダニー・ドリンクウォーターのグラウンダーのクロスをFWレオナルド・ウジョアが左足で合わせるも相手DFのブロックに阻まれた。

 前半24分にレスターは、ドリンクウォーターのサイドチェンジからマフレズが右サイドでこれを受け、中央にカットインして左足シュートを放つもわずかにゴール左に外れる。同37分には、L・エルナンデスがPA手前でFKを献上。FWリー・グリフィスの強烈なシュートが壁の右を抜けて枠を捉えていたが、GKツィーラーが横っ飛びセーブで弾き出し、難を逃れた。

 後半開始からGKツィーラーとオルブライトン、メンディ、FWデマライ・グレイに代えて、GKカスパー・シュマイケルとDFダニー・シンプソン、MFジェフ・シュラップ、FWアーメド・ムサを投入したレスター。すると、開始1分に試合が動く。右サイドでボールを受けたマフレズがそのまま仕掛け、PA右で相手2人をかわして左足を振り抜く。マフレズが得意な形からゴール左隅にねじ込み、レスターが先制に成功した。

 しかし、レスターは後半14分にDFオーエン・オコネルにゴールを決められ、1-1と同点に追いつかれてしまう。同16分L・エルナンデスとDFウェズ・モーガン、ウジョアに代えて、DFロベルト・フートとDFマルチン・バシレフスキ、岡崎を投入。同26分にはマフレズを下げて、DFクリスティアン・フクスを入れた。

 その後は膠着状態が続き、なかなかお互いにチャンスを作れないでいた。後半45分、レスターは右サイドからシンプソンが上げたクロスを岡崎がヘッドで合わせるもゴール上に外れる。90分間では決着がつかず、レギュレーションにより、延長戦を行わずそのままPK戦に突入した。

 5番目のキッカーを務めた岡崎を含めて全員が決め、サドンデスへ。先攻セルティック6人目のMFジェームズ・フォレストのシュートをGKシュマイケルが横っ飛びで止めると、後攻レスターのアマーティがしっかり決め、PK6-5でIC杯初戦を制した。

最終更新:7月24日(日)3時48分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合