ここから本文です

[総体]ユース取材ライター陣が推薦する「総体注目の11傑」vol.4

ゲキサカ 7月24日(日)7時0分配信

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校総体注目の11傑』」

 ゲキサカでは7月27日に開幕する夏の高校サッカー日本一決定戦、平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技の注目選手を大特集。「総体注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に総体注目の11選手を紹介してもらいます。第4回は、(株)ジェイ・スポーツのJリーグ中継プロデューサーを務める傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材する土屋雅史氏による11名です。

 土屋雅史氏:「今回は晴れの舞台に臨む高校生の中から、Jリーグの下部組織出身者で11傑を選出しています。進路に高校を選んだ理由はそれぞれだと思いますが、自らが決断した道でしっかり全国大会出場という1つの結果を手にしたことは、それだけでも称賛に値することなのは間違いありません。真夏の広島で思う存分暴れてくれることを願っています!」

以下、土屋氏が注目する11名

GK内野将大(千葉U-15→関東一高)
「同級生の山口公太郎とハイレベルなポジション争いを繰り広げているが、重量感とパワフルさでは彼に一日の長がある。華麗な攻撃を繰り広げるアタッカー陣が注目を集める中で、守備の安定感を打ち出すには最後尾で構える彼の好パフォーマンスが欠かせない」

DF常盤悠(湘南小田原JY→尚志高)
「機を見て攻撃参加するだけではなく、ゴールまで奪い切る力を持った右SB。現チームでは昨年の夏冬共に全国でピッチに立っている数少ない選手の1人であり、その経験値を生かして勝敗を背負う役割が期待される」

DF小林陸玖(VERDY S.S.AJUNT→東海大高輪台高)
「ディフェンスラインならどこでも高水準でプレーできる2年生DF。川島純一監督も『あまりウチには来ないタイプ。やられたって所も追い付いて、最後は抑えちゃうんですよね。スケールは大きいです』と期待を寄せる」

DF杉岡大暉(FC東京U-15深川→市立船橋高)
「言わずと知れた世代屈指のCB。1対1の強さ、空中戦、左足でのフィードとどれをとっても一級品。過去の“イチフナの5番”と比べても遜色ない逸材であり、タイミングと運次第では来年にもすぐにJリーグの舞台で出場機会を掴んでも不思議ではない」

DF小田逸稀(鳥栖U-15唐津→東福岡高)
「サイズからは想像もできない強烈なバネで空中戦は無双。当然攻撃力も守備力も高水準で兼ね備える世代トップクラスのSB。個人的には夏冬連覇を達成した昨年の東福岡の中では、一番“化ける”可能性を感じた選手」

DF柿沼亮祐(川崎U-15→慶應義塾高)
「1年時に選手権予選でベスト8に進出したチームでも、レギュラーを張っていた攻撃的左SB。川崎F U-12時代にダノンネーションズカップで世界も経験した男は、一本のパスやクロスで局面を変え得る自らの左足に絶対的な自信を持っている」

MF住永翔(札幌U-15→青森山田高)
「昨年から4-1-4-1を敷くチームの中盤アンカーを任され、ややもすれば前掛かりになりがちな全体のバランス維持を一手に担ってきた仕事人。今シーズンはキャプテンにも指名されており、さらなる責任感を胸に名門を牽引している」

MF郡紘平(徳島JY→徳島市立高)
「高い技術を生かしてボールを前に運べる異能のアタッカーで、サイドから縦にも中にも入って行けるその突破力は全国レベル。下級生から定位置を掴んでいた選手の多い今年のチームの中でも、その能力の高さは際立っている」

MF田中宏旺(サンフレッチェくにびきJY→米子北高)
「2年時は全国総体も選手権も左SBで起用されていたが、今シーズンからは右サイドハーフが主戦場。高い精度を誇るキックと裏へ飛び出すアグレッシブさが目立ち、総体予選決勝では2ゴールを挙げるなど、得点力も身に付けつつある」

MF高江麗央(熊本U-15→東福岡高)
「昨年度の選手権では準々決勝までスタメンだったものの、埼玉スタジアム2002での2試合は共に短い時間の途中出場とやや消化不良に。ワイドからインサイドにコンバートされた今シーズンは自らの力で日本一を勝ち獲るべく、得意のドリブルに一層磨きを掛けている」

FW本藤悟(横浜FC JY→東海大高輪台高)
「1年生から出場機会を掴んでいたストライカー。総体予選はケガでの離脱が長かったが、縦への推進力とボールを収める力は、流動性の高い東海大高輪台のアタックにおいて確かなアクセントになり得る重要な武器」

[写真]土屋氏が注目選手に挙げた関東一GK内野。東京予選準々決勝ではPK戦勝利の立て役者に


■執筆者紹介:
土屋雅史
(株)ジェイ・スポーツに勤務し、Jリーグ中継を担当。群馬県立高崎高3年時にはインターハイで全国ベスト8に入り、大会優秀選手に選出。著書に「メッシはマラドーナを超えられるか」(亘崇詞氏との共著・中公新書ラクレ)。

最終更新:7月24日(日)7時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報