ここから本文です

52人招集拒否のスウェーデンがまた断られる…ラーションが息子の五輪派遣認めず

ゲキサカ 7月24日(日)11時25分配信

 スウェーデンサッカー協会は23日、リオデジャネイロ五輪のスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(19)がメンバーから外れることを発表した。

 ホーカン・エリクソン監督はさらに頭を悩ませることになりそうだ。15日にバックアップメンバーを含めて22人のメンバーを発表したスウェーデンだが、英『ESPN』によれば、52人に招集を拒否されて決まったメンバーだったという。五輪は国際サッカー連盟(FIFA)が国際Aマッチデーに指定していないため、クラブ側に選手の派遣義務はなく、欧州のシーズン開幕時期に開催されることからクラブ側が選手派遣に難色を示したとのことだ。

 エリクソン監督は「もちろん失望している。あまり多くのFWがいない中で、さらに重い影響を及ぼすのは間違いないだろう」と肩を落としている。

 ラーションの所属クラブであるヘルシンボリは、同選手の父であり、スウェーデンのレジェンドであるヘンリク・ラーション監督が指揮するクラブ。同クラブによると、「今はアタッカーが2人しかいない」と苦渋の決断ではあるが、息子の五輪行きを許可しないことを決めている。

 スウェーデンはリオデジャネイロ五輪で日本と同じグループBに属し、4日にコロンビア代表と初戦を戦い、7日にナイジェリア代表、10日に日本と対戦する。

最終更新:7月24日(日)11時25分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]