ここから本文です

横浜FC永田がAT劇的弾! 北九州は痛恨の同点被弾で最下位に…

ゲキサカ 7月24日(日)20時2分配信

[7.24 J2第25節 横浜FC 2-2 北九州 ニッパツ]

 J2リーグは24日、各地で第25節1日目を行った。横浜FCはホームにギラヴァンツ北九州を迎え、2-2で引き分けた。21位の北九州は、22位の群馬が勝利したため、最下位に順位を落とした。

 序盤は横浜FCが主導権を握る。前半3分、FW大久保哲哉が落としたボールを、PA手前からMF野村直輝が右足シュート。枠をとらえるが、GK阿部伸行の好セーブに阻まれる。さらに横浜FCは、前線の190cmコンビのFWイバとFW大久保哲哉にクロスを送り、果敢にゴールに迫った。

 しかし、試合を動かしたのは北九州だった。前半21分、MF井上翔太が右サイドのスペースにスルーパスを送り、オーバーラップしたDF星原健太がダイレクトで中央に入れる。相手DFのクリアミスに反応したFW池元友樹が右足で押し込み、先制点。池元の3試合連続ゴールで北九州が1-0で前半を折り返した。

 1点ビハインドの横浜FCは、後半開始から反撃に出ると同9分にその攻撃が実る。右サイドから細かくパスをつなぎ、イバが落としたボールをPA手前の右からMF佐藤謙介がダイレクトシュートを放つ。これがゴール左隅に突き刺さり、1-1。横浜FCが早い時間帯に試合を振り出しに戻す。同18分にはゴール前の密集地から大久保とのワンツーでMF野崎陽介が右足シュートもわずかにゴール左に外れた。

 ホームで約1か月ぶりの白星を目指す横浜FCは、後半29分に野崎を下げて、FW三浦知良を投入。三浦はこれでJ2最年長出場記録を49歳4か月28日に更新した。同39分には右CKから大久保がヘッドで折り返したボールを中央の三浦が頭で合わせたが、ゴール上に外れ、最年長得点記録更新とはならなかった。

 試合はこのまま終了するかと思われたが、終了間際に北九州が勝ち越しに成功する。後半アディショナルタイム3分、MF本山雅志の右CKからニアでDF寺岡真弘がフリック。ファーサイドでフリーとなっていたFW原一樹が右足で押し込み、2-1とした。

 しかし、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイム4分、右サイドでMF野村直輝が粘ってライン際からクロスを上げ、DF永田拓也がヘッドで体ごとボールをゴールに押し込み、同点。終盤に大きく動いた試合は2-2の引き分けに終わった。

最終更新:7月24日(日)20時2分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]