ここから本文です

2位松本は途中出場の山本弾で好調・長崎を撃破!

ゲキサカ 7月24日(日)20時4分配信

[7.24 J2第25節 松本1-0長崎 松本]

 2位松本山雅FCはホームでV・ファーレン長崎に1-0で競り勝ち、2試合ぶりの白星を挙げた。前節の札幌戦に0-1で敗れ、連勝が5で止まったが、今季初の連敗は免れた。一方の長崎は連勝が3でストップ。7試合ぶりの黒星を喫した。

 松本は前半8分、FW石原崇兆の右クロスをFW高崎寛之が落とし、MF工藤浩平が狙ったが、枠外。同9分、右CKに合わせたDF後藤圭太のヘディングシュートもゴール左に外れた。前半19分には高崎が果敢に右足でミドルシュートを打ったが、これも枠を捉えられず、前半はスコアレスで折り返した。

 後半も膠着状態が続き、両GKが好守を見せる。長崎は後半7分、MF田中裕人のアーリークロスからセカンドボールをPA手前のFW永井龍が左足ダイレクトで狙うが、クロスバーの上へ。同9分には右クロスにMF岸田翔平が頭で合わせたが、GKシュミット・ダニエルの好セーブに阻まれた。

 松本は後半31分、MF宮阪政樹が右後方からゴール前に放り込み、こぼれ球をDF安藤淳が右足ボレーで狙ったが、GK大久保択生が鋭い反応で弾き出した。それでも後半41分、ついにゴールをこじ開ける。工藤が右サイドに展開し、高崎がクロス。これをファーサイドのFW山本大貴が胸トラップから左足ボレーで流し込んだ。

 途中出場の山本は8試合ぶり今季5ゴール目。3連勝中の長崎も終盤は猛反撃に出たが、松本がそのまま1-0で逃げ切った。2試合ぶりの白星で勝ち点を「50」に伸ばした松本は、明日25日に岐阜戦を控える首位・札幌と暫定ながら勝ち点で並んでいる。

最終更新:7月24日(日)20時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。