ここから本文です

SHINee テミン ソロ作『さよならひとり』では5曲それぞれに違った姿を表現/インタビュー

エキサイトミュージック 7月25日(月)7時15分配信

 
■TAEMIN(テミン)/1st Mini Album『さよならひとり』インタビュー(3)

【この記事の関連画像をもっと見る】

ことし東京・大阪の二大ドーム公演を成功させ、そのスケールをさらに広げているSHINee。そんな中、テミンがメンバー初となる日本でのソロデビュー果たす。記念すべきデビュー作となるミニ・アルバム『さよならひとり』には、それぞれにジャンルの違う5曲が収録されており、SHINeeとは違った、テミン自身のアイデンティティが見える一枚となっている。

「5曲それぞれに違う僕の姿、内面が表現されていて、それが一枚になっていると思います。バラエティ豊かな作品になってるので面白いですよ。もしライブでお見せできることになったらいろんな姿を見せられると思います。日本でも韓国でも、ソロでダンスをしながら歌う人ってあんまりいないと思うんですね。なので、僕が尊敬しているマイケル・ジャクソンのように、僕が夢見たアイデンティティで、スタイルで、ソロのイメージをきちんと作ってみたかったんです。僕は身体も小さいですし、痩せてますけど、ステージの上で見せるエネルギーやパフォーマンスは誰にも負けないと思うんです。それから、そんなエネルギーもありつつ、かわいらしいところもあって、そのギャップが僕の特徴じゃないかと……フフッ、恥しいです。自分の口でこんなことを言うなんて……(笑)」

テミンが所属するSHINeeは、11月に日本でのファンクラブイベント【SHINee WORLD J OFFICIAL FANCLUB EVENT 2016(仮)】を開催する予定となっている。
(取材・文/瀧本幸恵)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7月26日(火)6時45分

エキサイトミュージック