ここから本文です

【香港】マカオ政府がホテルに閉鎖命令、安全違反で

NNA 7月25日(月)8時30分配信

 マカオ政府は22日、マカオのタイパ島にある5つ星ホテル「北京インペリアルパレスホテル(北京王府大飯店)」に対し、防火安全基準に違反があるとして、半年間の閉鎖を命じた。マカオで5つ星ホテルに閉鎖命令が出されたのは初めて。23日付サウスチャイナ・モーニングポストなどが伝えた。
 マカオ観光局(MGTO)によると、出口や避難経路がふさがれていたり、可燃性物質の在庫が法定限度を超えていたりと、火災安全上の問題が多く見つかった。MGTOのマリア・フェルナンデス局長は、同ホテルについて、旅行者の安全を危険にさらし、マカオの観光地としての評価を下げていると指摘。ホテルには「深刻な管理上の不備」があるとし、すでにレストランなどホテル内施設の免許を取り消したことを明らかにした。
 フェルナンデス局長は、「閉鎖期間中に改善が見られない場合は、次の措置として(ホテル全体の)営業免許の取り消しを検討する」と強調した。
 同ホテルは1992年の開業で、香港上場のホテル運営・カジノ設備リース企業、国際娯楽(インターナショナル・エンターテインメント)が運営する。2013年に「ニューセンチュリーホテル」から改名した。23日付マカオ日報によると、総客室数は599室で、閉鎖命令が出された当日も573室が宿泊客で埋まっており、9割が中国本土からの旅行者だった。宿泊者からは突然の閉鎖に対して宿泊料の返還を求める声も上がっているという。

最終更新:7月25日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。