ここから本文です

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」時松隆光の優勝セッティング

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月25日(月)16時3分配信

日時:2016年7月21日(木)~24日(日)
開催コース:グランディ那須白河GC(福島県)
優勝者:時松隆光

【画像】やっと笑った・・・やっと笑えた!

プロ5年目の22歳がツアー初勝利。後続に5打差をつけて迎えた最終日に「68」をマークし、通算25アンダーの大会最多アンダーパーを記録した。

昨年ナイキゴルフと用具契約を締結。同社契約選手で日本男子ツアーを制したのは2008年(当時契約)の片山晋呉以来となった。同じナイキアスリートの薗田峻輔も4位でフィニッシュ。2週前には「ニッポンハムレディスクラシック」で葭葉ルミが初優勝を遂げた。

ジュニア時代からパッティングに定評があった時松は、昨年から使用するステンレス製のパターと、ことしになって投入した打感の軟らかいボールがマッチ。7月初旬に下部ツアーで初優勝を遂げ、一気にレギュラーツアーでも勝利を飾った。

<最終日のコメント>
「まだ実感がわきません。前半に2m前後のパーパットを何度も決められたことが後半につながったと思います。緊張はしましたが、気負わずにやりました。コントロールしやすいドライバーと、ソフトな打感のボールおかげでイメージが出しやすく、しっかりフェアウェイキープできたことが大きかった。パターでもボールの転がりがよくてビッグスコアが出せました」

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:ナイキ ヴェイパー フレックス 440 ドライバー(ロフト11.5度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD MJ(重さ65g、硬さX、長さ46インチ)
フェアウェイウッド:ナイキ ヴェイパー フライ フェアウェイウッド(3番15度、5番19度)
ユーティリティ:ナイキ ヴェイパー フライ ユーティリティ(3番20度、4番23度)
アイアン:ナイキ ヴェイパー プロ コンボ アイアン(5番~PW)
ウェッジ:ナイキ ナイキ VR フォージドウェッジ(52度、58度)
パター:ナイキ メソッド001 クラシック ブレード パター
ボール:ナイキ RZN(レジン) ツアー プラチナム ボール

最終更新:7月25日(月)16時3分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)