ここから本文です

シャーロックはマーベルヒーローより変人だ!カンバーバッチの分析に爆笑【コミコン2016】

シネマトゥデイ 7月25日(月)9時3分配信

 現地時間24日、俳優のベネディクト・カンバーバッチが、米サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナル内で行われた人気ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」第4シーズンのパネルディスカションに出席した。

【写真】ドクター・ストレンジコスも登場!

 現代を舞台に名探偵シャーロック・ホームズと相棒の活躍を描く同シリーズ。ベネディクトがシャーロックとしてコミコンに参加するのは初めてとあって、6,000人以上を収容するパネル会場のホールHには、数多くの観客が集結した。

 観客とのQ&Aでは、マーベルスタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』でヒーローを演じるベネディクトに、「シャーロック役がドクター・ストレンジ役に影響を与えたか?」と質問が飛ぶ場面も。

 すぐさま否定したベネディクトが「それはないね。なぜならドクター・ストレンジは……」と言いかけたところで、司会者が「ストレンジ(変人)?」と横槍を入ると、「いや、シャーロックの方がはるかに変人だ。いまいましいくらいにね」と返し、会場は爆笑に包まれた。

 またこの日は、メアリー・ワトソン役のアマンダ・アビントン、マイクロフト・ホームズ役のマーク・ゲイティス、製作総指揮・脚本のマーク・ゲイティスとスティーヴン・モファット、製作のスー・ヴァーチューも出席。新シーズンを待ちわびていたファンに向けて、第4シーズンの予告編が上映されると、客席からは割れんばかりの歓声が巻き起こった。

 今シーズンにおけるマークとスティーヴンの脚本についてスーは、「これまでで最もダークなものになる」と断言。「脚本を読んだとき、いつものように衝撃的で素晴らしく、二人に圧倒されたわ」と絶賛。パネルの最後には、「サッチャー」「スミス」「シェリンフォード」がシーズン4を紐解くキーワードになると明かし、ファンの期待をあおった。

 第4シーズンでは、トビー・ジョーンズが悪役を務め、2017年に放送される。(編集部・入倉功一)

最終更新:7月25日(月)9時3分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。