ここから本文です

【タイ】戦勝記念塔の乗り合いバン、乗降場所を分散

NNA 7月25日(月)8時30分配信

 タイのダルン運輸副次官は、バンコクの戦勝記念塔ロータリーを乗降場所にしている乗り合いバン4,200台以上を長距離バス運行会社、国営トランスポートの管轄下に置き、乗降場所をバンコクのバスターミナル3カ所に分散すると発表した。23日付ポストトゥデーが報じた。
 新たな乗降場所となるのは、バンコク・チャトゥチャックの北バスターミナル、東部エカマイの東バスターミナル、西部タリンチャン地区の南バスターミナルの3カ所。10月1日~15日に試験的に移転し、同25日までに完全移転させる計画。移転当初は従来の利用者の便宜を図るため、路線バスを運行するバンコク大量輸送公団(BMTA)が戦勝記念塔から3カ所のバスターミナルまでシャトルバスを運行する。
 乗降場所の移転は、ロータリー付近の交通渋滞を解消するとともに地元有力者の影響力排除を狙ったものとされる。地方の乗り合いバンについても対応策を検討する。

最終更新:7月25日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。