ここから本文です

「クリミナル・マインド」にプレンティス再登場!

シネマトゥデイ 7月25日(月)10時22分配信

 米テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」の第12シーズンに、エミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターがゲスト出演することが、アメリカ・サンディエゴのコミコン・インターナショナルで発表された。

写真を投稿したパジェット・ブリュースターのTwitter

 13人の連続殺人犯が逃亡したことを受け、BAU(FBIに実在する行動分析課)のお手伝いに戻ってくるらしい。エグゼクティブプロデューサーのエリカ・メッサーによると、パジェットは複数エピソードに登場するとのこと。彼女は履き込んだショートブーツとインターポールの身分証明書の写真をTwitterに投稿し「そう! 今年はたくさんの『クリミナル・マインド』のエピソードを撮影しているの! みんなにこれまで伝えられなかったのはつらかった」とつぶやいている。

 パジェットは第11シーズンにもゲスト出演を考えていたものの、ジョン・ステイモスと共演していた「グランドファーザード(原題) / Grandfathered」のフルシーズン製作が決まったため実現していなかった。その後、同ドラマは第1シーズンでキャンセルされたため、念願の再出演が決まったようだ。(澤田理沙)

最終更新:7月25日(月)10時22分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。