ここから本文です

坂本慎太郎、自身初のスタジオ・ライヴ映像を収めた「できれば愛を」MV公開

CDジャーナル 7月25日(月)17時17分配信

 7月27日(水)に3rdアルバム『できれば愛を』をリリースする坂本慎太郎が、アルバム・タイトル曲「できれば愛を」のミュージック・ビデオを制作。zelone recordsのオフィシャルYouTubeチャンネル(youtu.be/JfBV7shRSNo)で公開されています。

 坂本慎太郎の新機軸ともいえる今作の重要曲「できれば愛を」のMVは、坂本自身初のスタジオでのライヴ演奏を撮影、録音したもの。参加メンバーは、ドラムの菅沼雄太(中納良恵, YOSSY LITTLE NOISE WEAVER, Mocky来日公演ほか)、ベースのAYA(OOIOO)、コーラスの佐々木詩織&沼田梨花、そしてエンジニア / マスタリングは中村宗一郎(Peace Music)。楽曲レコーディング・メンバーが集結して撮影 / 録音されています。ディレクションは、長年にわたり坂本慎太郎の音世界を映像化してきた山口保幸(OMB / 東京No.1)が務めています。

 ソロ活動以降、現在までライブ活動を行っておらず、また今後も坂本慎太郎のライヴは予定されていないとのことで、レコーディング・メンバーによるスタジオ・ライヴが収められているMVは貴重。ファン必見です。

最終更新:7月25日(月)17時17分

CDジャーナル