ここから本文です

[芸能]ムン・ソリ ベネチア映画祭オリゾンティ部門審査員に

聯合ニュース 7月25日(月)10時20分配信

【ソウル聯合ニュース】女優のムン・ソリが来月31日に開幕する第73回ベネチア国際映画祭で、斬新な作品を集めた「オリゾンティ部門」の審査員を務める。所属事務所のC-JeSエンターテインメントが25日までに伝えた。

 韓国の俳優が同映画祭の審査員を務めるのは初めて。これまで韓国人としてはパク・チャヌク監督が2006年にコンペティション部門で、キム・ジナ監督が2009年にオリゾンティ部門で審査員を務めた。

 ムン・ソリは2002年に「オアシス」で同映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞している。

 映画祭側は、「ムン・ソリは韓国映画界を代表する素晴らしい俳優で、これまで韓国映画史に里程標を立て、優れた活躍を見せた」と起用理由を説明した。

最終更新:7月25日(月)10時54分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。