ここから本文です

柴犬、ミニブタ、ワシミミズク!個性あふれる“ペット”たちにバナナマンがメロメロ

映画.com 7月25日(月)14時19分配信

 [映画.com ニュース] 「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントとユニバーサル・スタジオが再タッグを組んだ長編アニメーション「ペット」の公開直前プレミアイベントが7月24日、都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めるお笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(主人公マックス役)と日村勇紀(デューク役)が出席した。

愛くるしいペットたちが大集合!「ペット」公開直前プレミアの模様はこちら!

 全米興行ランキングでは公開初週の「ゴーストバスターズ」を抑え、2週連続でのトップを堅守した本作。ニューヨークを舞台に、個性あふれるペットたちが飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描くストーリーにちなみ、イベントにはインスタグラムのフォロワー数250万人以上を誇り、本作の宣伝“取柴役”を務める「柴犬まる」をはじめ、SNSを中心に人気を集めるタレント動物たちが勢ぞろいし、バナナマンの2人をメロメロにした。

 レッドカーペットに登場した動物たちのなかには、強い照明や多数駆けつけた報道陣といった慣れない環境に緊張し、芸を披露できない動物も。それでも、日村がSNS影響力ランキングペット部門第2位だという柴犬の「だいふくくん」とキスを交わしたほか、ミニブタを抱えて「近づくといつもブーブー鳴かれちゃう。仲間だと思われているのかな?」とおどけるなど、可愛らしい動物たちとの交流を満喫。設楽は大きく翼を広げるベンガルワシミミズクと対面し、驚きと興奮の表情を見せていた。

 劇中ではそろって犬を演じた2人は「演じれば演じるほど気持ちが入って、まるで自分を見ているみたい」(設楽)、「まず見た目が似ているので、ビックリしましたね」(日村)とすっかりキャラクターに感情移入。「マックスはすごく表情が豊かで細やかだから、それに合わせたテンションの上げ下げが難しかったですね」(設楽)、「絵に迫力があるし、キャラクターもテンション高め。こちらが100%じゃ負けちゃうので、120%、いや150%のテンションで演じました」(日村)と役作りを振り返った。

 「ペット」は、「ミニオンズ」シリーズ最新作となる短編アニメーション「ミニオンズ アルバイト大作戦」と同時上映で8月11日から全国公開。

最終更新:7月25日(月)14時19分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。