ここから本文です

具志堅用高、SNSに初挑戦 「ちょっちゅね」初ツイートでフォロワー100万目指す!?

映画.com 7月25日(月)15時42分配信

 [映画.com ニュース]ボクシングの元WBAライトフライ級王者でタレントの具志堅用高と、ハーフモデルの紗蘭が7月25日、米ホラー映画「アンフレンデッド」の都内で行われた女子中高生試写会にゲスト出演した。

【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら

 SNSによる呪いがテーマで、パソコンの画面上でストーリーが展開していく映画の内容に絡め、具志堅がツイッターとスカイプに初挑戦。スマホは持っているものの、「仕事のスケジュールなどでメールをするくらい。パソコンで文字を打ったのは2、3回」という初心者で、ツイッターのフォロワーが20万人を超える紗蘭が指導に当たった。

 早速、準備されたアカウントを開き「ちょっちゅね」と初ツイートしたが、意外にもスムーズな指の運び方に、紗蘭は「ちゃ、とかちょ、をちゃんとタイピングできたら、ちょっとビックリ」と驚くことしきり。ハッシュタグなどの専門用語は理解できずスルーしたものの、リツイートした紗蘭との対話に成功し、「楽しいね。時間がある限り遊んでみるよ。友達が増えるんじゃないかな」と満足げだ。

 別室に移動し紗蘭と中継をつないだスカイプでは、貞子風の女子高生に驚かされる“お約束の”ドッキリを仕掛けられ、「なんだよ、人がマジメにやっているのに」と声を荒らげるひと幕も。それでも、イベント終了時には早くもフォロワーが70人に達し「100万人はいきたい。少年のような心になっちゃうね」と、芸能人の中でもトップ10に入る高い目標をぶち上げていた。

 映画のPRでは、呪いの原因となる自殺した少女がローラ・バーンズという名前だったころから、タレントのローラと思い込み「ローラがすぐ死んじゃうからさあ。もう心配で、心配で」と勘違いコメント。さらに、「(舞台が)1年後になったら、もうわけが分かんない。怖くて見たくなくなっちゃった」とマイペースで話していた。

 「アンフレンデッド」は、ネットでのいじめを苦に自殺した女子高生のアカウントが1年後に表れ、スカイプ上でいじめた人間たちの秘密を暴露しながら死の恐怖に追い込んでいくホラー。7月30日から全国で公開される。

最終更新:7月25日(月)15時42分

映画.com