ここから本文です

サンダーランドのモイーズ新監督、古巣マンUからヤヌザイ引き抜きか

ISM 7月25日(月)12時3分配信

 サンダーランドのデイヴィッド・モイーズ新監督が、古巣マンチェスターU(以上イングランド)からFWアドナン・ヤヌザイ(21)の獲得をねらっているようだ。英タブロイド『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間24日(以下現地時間)に伝えている。

 ヤヌザイはモイーズ監督がマンUを率いていた2013年10月のサンダーランド戦で、プレミアリーグデビューを果たすと、いきなり2ゴールを決めてブレイクを果たした。昨季はドルトムント(ドイツ)へと期限付き移籍したが、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまり、1月にマンUへと復帰していた。

 『デイリー・ミラー』によれば、サンダーランドはヤヌザイがドルトムントに移籍する前にも関心を寄せていた。現在同選手はレンタルであれば獲得可能な状況にあるという。

 モイーズ新監督はチーム創りについて「我々はビッグクラブであり、前進する必要がある」「残留を祝うだけで終わらないようにしなければいけない。それがゴールであってはならない。それが私の目標でないことは確かだ」と、プレミアリーグ残留以上を目指したいと意気込んでいる。

 なお、サンダーランドはこの夏まだ補強をしていないが、元アストンヴィラ(イングランド)のシャルル・エンゾグビアがプレシーズンキャンプに同行しており、23日の練習試合で決勝点を挙げている。

最終更新:7月25日(月)12時3分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合