ここから本文です

プジョー世界販売…0.5%増の89万台 上半期

レスポンス 7月25日(月)10時30分配信

フランスの自動車大手、プジョーは7月12日、2016年上半期(1~6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数(ノックダウン生産分を含む)は、89万1335台。前年同期比は0.5%増だった。

[画像:プジョー208]

上半期の市場別実績は、欧州が60万1313台を販売。前年同期比は7.9%増と、信用不安から抜け出して、回復基調にある。『208』シリーズをはじめ、『308』などが支持を集めた。

欧州以外の市場では、中国と東南アジアが16万2593台を販売。前年同期比は21.6%減と、マイナスに転じた。

中東とアフリカでは上半期、5万7382台を販売。前年同期比は7%減と後退した。この他、南米が26.3%増の5万9351台、日本を含むインド&パシフィックが、23.5%減の7983台。

プジョーブランドのマキシム・ピカットCEOは、「プジョーはSUVの新型車で2016年、世界市場で攻勢をかける」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月25日(月)10時30分

レスポンス