ここから本文です

映画『ONE PIECE』公開2日で興収11億円を突破 初日はコナン超え

シネマトゥデイ 7月25日(月)14時33分配信

 先週末に劇場公開を開始した映画『ONE PIECE FILM GOLD』が、23日~24日の2日間で興行収入11億円を突破。また公開初日である23日においては、動員数47万8,528人、興行収入6億7,517万6,000円をマークし、4月に公開された映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の初日の数字を抜いて、本年度の初日動員・興収記録を更新したと配給元である東映が発表した。

【映像】映画『ONE PIECE FILM GOLD』予告編

 東映によると、2日間(23日~24日)の動員数は82万830人、興収は11億5,577万1,000円とのこと。また最終興収60億円超えは確実とみており、前作『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』の最終興収68億7,000万円超えも視野に入れているとのこと。『ONE PIECE FILM Z』は約3週間の冬休み興行だったが『ONE PIECE FILM GOLD』は夏休み期間の1か月超の興行を予定していること、さらに前作にはなかった3D、4DX、MX4Dでの上映も行っていることからこの予測を立てた模様。

 映画『ONE PIECE FILM GOLD』は、尾田栄一郎の漫画を原作とする『ONE PIECE』シリーズの劇場版第13弾。今作では原作者の尾田が総合プロデューサーとして関わっており、テレビアニメ版の声優陣のほかにも、 濱田岳、菜々緒、北大路欣也、古田新太などが声優として参加している。(編集部・井本早紀)

最終更新:7月25日(月)14時33分

シネマトゥデイ