ここから本文です

ミラン、クアドラード争奪戦でユーヴェをリードか

ISM 7月25日(月)17時25分配信

 チェルシー(イングランド)MFフアン・クアドラード(28)の争奪戦で、ミランがユヴェントス(以上イタリア)をリードしているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間24日に伝えている。

 クアドラードは昨季、期限付き移籍でユヴェントスに加入し、現在はチェルシーへと復帰。しかし、イタリアを恋しく感じているという。チェルシーのアントニオ・コンテ監督はクアドラードを評価しているが、選手は移籍を希望し、代理人にクラブの説得を頼んだとされている。

 クアドラードの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏は、ロンドンでチェルシーと交渉している様子。ユーヴェへの再加入ではなく、ミランに移籍するために、買い取りオプションつきのレンタル移籍を認めるように交渉しているようだ。

 しかし『calciomercato.com』によれば、チェルシーはレンタル移籍には応じない構え。完全移籍での売却が移籍の条件となるが、その場合イタリアのクラブが獲得するチャンスは「ほとんどない」とのこと。

最終更新:7月25日(月)17時26分

ISM