ここから本文です

英BBC、ビクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル」をドラマ化

映画.com 7月25日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 英BBCと米ワインスタイン・テレビジョンが共同で、フランスの文豪ビクトル・ユーゴーの大河小説「レ・ミゼラブル」をドラマ化することがわかった。

 「レ・ミゼラブル」は、一切れのパンを盗んで19年の牢獄生活を送った男ジャン・バルジャンの生涯を描いた名作。何度となく映像化されているが、近年はトム・フーパー監督、ヒュー・ジャックマン主演の2012年の大ヒットミュージカル映画でも有名だ。

 今回のドラマ化は、1話1時間×6回のミニシリーズとなり、同じくBBCのミニシリーズ「戦争と平和」や「高慢と偏見」、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の脚本家として知られるアンドリュー・デイビスが脚色にあたる。過去の映画版に比べてより原作に忠実な内容になるようだ。キャストは未定。

最終更新:7月25日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。