ここから本文です

【インド】飲酒検査陽性のパイロット、3年半で122人

NNA 7月25日(月)8時30分配信

 インド政府は21日、2013年から今年6月30日までの3年半に、アルコール検査で規定以上の数値が検出された搭乗前のパイロットが122人に達していたと明らかにした。PTI通信が伝えた。
 各年の人数は13年が30人、14年が26人、15年が43人。今年は6月末までの半年で23人となっており、うち1人は2回目だった。地域別では、ムンバイ(西部マハラシュトラ州)が最も多い34人。次いでデリーが31人だった。
 飲酒規定に違反した場合、1回目は3カ月、2回目は3年の停職処分となる。

最終更新:7月25日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。