ここから本文です

【高校野球】横浜 左右エースの完封リレーで準々決勝へ

東スポWeb 7月25日(月)15時8分配信

「第98回全国高等学校野球選手権」神奈川大会5回戦は25日、相模原球場などで行われ、横浜が向上に2―0と接戦を制し、準々決勝に駒を進めた。なかなか得点が入らず苦しい展開となったが、4回に主将・公家(3年)が値千金のソロ本塁打で先制。投げては石川、藤平の左右の両エースが向上打線を完封した。

 横浜は先発左腕石川が毎回の走者を背負う苦しい立ち上がり。それでも4回を3安打無失点にまとめ、「背番号1」藤平にマウンドを託す。代わった右のエースは5回を1安打無失点6奪三振1四球と圧巻の投球。向上につけいるスキを与えなかった。

「今日は出来が悪かった。4回まで投げて後半は藤平に任せようと。自分が悪いピッチングしてもカバーしてくれる。頼もしい存在です」と石川。藤平も「今日は石川が調子良くなかったけど、これの逆のパターンもある。そのときは石川が抑えてくれると思うので、石川という存在はとても大きい」とお互いに信頼を置く。

 ここまで4試合で無失点と抜群の投手力を誇る横浜。左右のエースの活躍で、“鬼の神奈川”を勝ち上がれるか。

最終更新:7月25日(月)15時22分

東スポWeb