ここから本文です

「インデペンデンス・デイ」ビル・プルマン、新作西部劇に主演

映画.com 7月25日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] ローランド・エメリッヒ監督の大ヒット作「インデペンデンス・デイ」(1996)のホイットモア米大統領役で知られ、現在公開中の続編「インデペンデンス・デイ リサージェンス」でも同じキャラクターを演じている米俳優ビル・プルマンが、新作西部劇「The Ballad of Lefty Brown(原題)」に主演すると、米Tracking Boardが報じている。

 ジャレッド・モシェが監督と脚本を務める本作の詳細は明かされていないが、65歳の男性主人公(プルマン)の生き様を描く内容になるという。今秋の撮影開始を予定。

 プルマンは、過去にケビン・コスナー主演の「ワイアット・アープ」(94)にエド・マスターソン役で出演したことがあるが、西部劇への主演は本作が初となる。

最終更新:7月25日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。