ここから本文です

【ミャンマー】ヤンゴンのビル建設差し止め、損失5億円超

NNA 7月25日(月)8時30分配信

 ミャンマーの最大都市ヤンゴンを抱える管区政府が高層ビル建設を差し止めている件で、不動産開発業者らが21日午後に記者会見を開き、損失額が50億~60億チャット(約4億4,000万~5億3,000万円)に達していると明らかにした。
 開発業者を代表して会見したミョー・ミン氏は「われわれの高層ビル建設プロジェクトは、当局の基準に従って建設許可を取得している」と訴えた。市が開発に関与する事業は差し止められないなど、差し止めの公平さにも疑問を呈し、当局から満足のいく対応が得られなければ、法的措置に出る可能性も示唆した。
 管区政府は5月25日、前政権下で認可された高層ビルが市の開発計画に一致しているかを確認するとして、9階建て以上の高層ビルプロジェクト185件の建設を差し止めた。6月17日から調査に入り、7月20日にうち12案件の評価結果を公表。9件は階数を減らすもしくは高さを低くするよう指示するなどした。だが会見した各社は受け入れない考えだ。
 ヤンキン郡区で12階半建てのコンドミニアムを建設中の「i―グリーン」は、階数を6階に減らすよう指示された。だが工事差し止め時点で10階部分まで建設が進み、高層階のユニットの一部は売約済みだった。
 ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は高層ビル建設に関する新基準の策定をすでに完了、近く公表するとしている。

最終更新:7月25日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。