ここから本文です

巨人“新打戦”爆発 四回イッキ7連打6点!阿部今季初4番で2安打3打点

デイリースポーツ 7月25日(月)7時0分配信

 「DeNA1-9巨人」(24日、横浜スタジアム)

 負ければ3位転落の危機で“新打線”が意地を示した。巨人は1点を追う四回1死から坂本勇人内野手の二塁打を皮切りに、7連打6得点の猛攻。14年4月以来2年ぶりの1イニング3本塁打も飛び出した。高橋由伸監督は「それぞれがいい打撃をしたと思います」と満足げに話した。

 勝率5割に逆戻りして迎えたこの日。指揮官は「流れがどうかなっていうのがあったので」と打順変更を決断。5月29日から4番を務めてきた長野を1番とし、代わりを阿部に託した。巨人を長年支える大黒柱は今季初の4番起用に応えた。四回に右前適時打、九回には右前2点適時打を放ち、2安打3打点とフル回転。「4番になっても意識は変わらないし、打点を挙げられて良かった」とうなずいた。

 結果を示したのは、阿部だけではない。3番・坂本は3安打で好機を作り、6番から5番に変わった村田は四回の勝ち越し12号2ランを含む2安打2打点。相手に脅威を与えるクリーンアップで、眼下の敵を撃破した。

 26日からは広島との3連戦。何としても10ゲーム差を縮めたいところだ。「どこが相手でも負けられないのは同じ。とにかく勝てるように頑張ります」と指揮官。帰ってきた「4番・阿部」を軸とし、独走する首位チームに挑む。

最終更新:7月25日(月)7時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。