ここから本文です

WASJ出場のJRA騎手に川田ら6人が内定

デイリースポーツ 7月25日(月)7時0分配信

 1月から今週末までの成績(地方も含む)で決定されるワールドオールスタージョッキーズ(8月27、28日・札幌)のJRA出場騎手が以下の6人に内定した。川田(今年のダービージョッキー)、戸崎圭(昨年のMVJ)、ルメール(関西1位)、内田博(関東2位)、M・デムーロ(関西2位)、蛯名(関東3位)。すでに地方騎手からは永森大(高知)が出場権を手にしている。

 後日、選考委員によって、外国人騎手6人を含めた計14人が正式に発表される。なお、選定項目の“顕著な活躍を認められた騎手”に該当者がいなかった場合、福永(関西4位)が選ばれることになる。

最終更新:7月25日(月)7時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。