ここから本文です

子どもら野外炊飯 沼尻ネイチャー・カレッジ最終日

福島民報 7月25日(月)11時20分配信

 登山家の田部井淳子さん(三春町出身)を迎えた「子ども自然体験学校 沼尻ネイチャー・カレッジ」は最終日の24日、福島県猪苗代町の沼尻高原ロッジで参加した子どもたちがカレー作りに挑戦した。
 カレーは昼食用に作った。ニンジンやジャガイモなどを力を合わせて調理し、笑顔で味わった。田部井さんは女性として初めて世界最高峰のエベレスト登頂を果たした経験などを紹介し、「諦めないで何事も取り組めば夢はかなう」とエールを送った。
 閉校式で福島民報社が製作した「夢カレッジ新聞」を配った。参加者は23日の雄国山ハイキングの様子や児童らの感想を盛り込んだ紙面を広げ、互いの感想を読んで思い出を語り合っていた。
 「ネイチャー・カレッジ」は、田部井さんが所属する日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(HAT-J)と福島民報社が8月11日の祝日「山の日」制定に伴い、初めて企画した。22日から3日間にわたり、県内の小学生約30人と台湾の子どもたち約10人が参加した。

福島民報社

最終更新:7月25日(月)11時31分

福島民報