ここから本文です

[インタビュー]韓国・UAE親善協会を設立 フメイド・アル・ハマディ氏

聯合ニュース 7月25日(月)14時11分配信

【アブダビ聯合ニュース】韓流の不毛地帯とされていたアラブ首長国連邦(UAE)でK-POPや韓国ドラマなど韓国文化に関心が集まっている。2012年に韓国・UAE親善協会を立ち上げたフメイド・アル・ハマディ会長(35)は、「今はUAEでも『花より男子~Boys Over Flowers』や『太陽の末裔(まつえい)』(原題)などの韓国ドラマが人気です」と話す。

 このほどアブダビの韓国文化院で聯合ニュースのインタビューに応じたフメイド・アル・ハマディ会長は、韓国について「天然資源がないにもかかわらず発展した国」とした上で、「こうした点だけでも十分に尊敬に値する」と強調した。

 フメイド・アル・ハマディ会長は日本による植民地支配や朝鮮戦争、光州民主化運動、アジア通貨危機の際の国際通貨基金(IMF)による管理など韓国近代史に言及するほど韓国に詳しい。

 韓国に関心を持ったのは、2000年代に入り世界的に広まった韓流ブームや09年にUAEの原発4基の建設を韓国が担うことになったことがきっかけだ。それまでは韓国文化は中国や日本の文化とさほど変わらないと思っていたという。

 02年に韓国を訪問後、韓国文化院で韓国語の授業を受け韓国文化をより深く知るため親善協会を設立した。

 普段、UAEの公企業に勤務するフメイド・アル・ハマディ会長は8月に再び韓国を訪問する。

 KBSのクイズ番組のUAE地域予選で優勝したため韓国で本戦に挑むことになった。

 また、今年後半にはアラビア語で韓国文化を紹介した本を出版する予定だ。

 「もっと多くの人が両国を行き来し、文化だけでなく互いの価値を共有してほしい。相手の国を訪問した人が外交官の役割を果たすのです」と語った。

 今年3月にはUAEで音楽やドラマなど韓国文化の魅力を韓国企業の製品・サービスと共に紹介する韓流イベント「KCON」が開催された。

 イベントにはエジプトやサウジアラビア、クウェートなど近隣国からの観覧客を含め8000人が詰めかけた。

 「両国国民が相手の文化を楽しみ共感しながら理解を深められればと思う」と話し、韓国とUAEの関係発展を願った。

最終更新:7月25日(月)14時32分

聯合ニュース