ここから本文です

25Gbps DFBレーザー、広範な動作温度を保証

EE Times Japan 7月25日(月)10時35分配信

■パッケージは直径5.6mmのTO-CAN採用

 三菱電機は2016年7月、移動通信システム基地局向けの25Gビット/秒 DFB(Distributed Feed Back)レーザー「ML764AA58T」を開発、2016年9月1日よりサンプル出荷を始めると発表した。動作保証温度範囲が広く、25Gビット/秒向け小型トランシーバー規格の「SFP28」にも適合する形状となっている。

 スマートフォンなど携帯端末の普及により、データ通信量は急増している。このため、次世代移動通信システム向け電子デバイスは、より高速な通信への対応に加え、小型で耐環境性に優れた製品が求められている。ML764AA58Tは、これらの要求に対応して開発した製品である。

 ML764AA58Tは、波長1310nm帯のDFBレーザーで、光出力は8mW。レーザーダイオードの構造を最適化することで、-20~85℃の広い動作温度範囲において、伝送速度25Gビット/秒を実現した。このため、新製品を搭載する通信機器は、冷却装置がなくても高速動作が行え、屋外設置も可能となった。

 パッケージは、電気信号の損失を最小限に抑えたTO-CANを採用している。ドライバーICは外付けとし、従来品の10Gビット/秒DFBレーザーと同じ直径5.6mmの外形サイズとした。SFP28にも適合しやすい形状となっている。

最終更新:7月25日(月)10時35分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]