ここから本文です

藤森慎吾、アフレコ中にオナラ!宮川大輔が「お前、クビ!」と激怒

Movie Walker 7/25(月) 12:31配信

人気SFアクションのシリーズ第2弾『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影〈シャドウズ〉』(8月26日公開)の公開アフレコイベントが7月25日に都内で開催され、日本語吹替え版声優に就任した宮川大輔と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が出席。アフレコ中、気合を入れすぎた藤森が思わずオナラをしてしまい、宮川から「お前、クビ!」と怒られた。

【写真を見る】タートルズが見守る中、公開アフレコに挑んだ宮川大輔と藤森慎吾

カメ忍者4兄弟が、世界を救うために新たな敵に戦いを挑む姿を描く本作。タートルズの宿敵となるロックステディ役を宮川が、ビーバップ役を藤森が演じる。この日は、前作に引き続きタートルズの声を担当する伊藤健太郎(レオナルド役)、畠中祐(ミケランジェロ役)、高梨謙吾(ドナテロ役)、松田健一郎(ラファエロ役)が声のみで出席。タートルズに吹替えをしながら、宮川と藤森にアフレコの極意を指導した。

激しいバトルシーンのアフレコに臨んだ2人。藤森も宮川も迫力の雄叫びを響かせていたが、途中で宮川が肩を震わせ、笑いをこらえるのに必死になる一幕が。どうにかアフレコをこなすと、宮川は「お前、屁こいたやろ!ブーとパチッが合わさったみたいな、ブパチッみたいな音した!お前、クビ!」と激怒。藤森は「気合を入れて気持ちを作っていたら…。本当にすいません!」と謝り倒していた。

思わず放屁をしてしまうほどの熱演とあって、ディレクターからは「大成功」と絶賛の声が上がったが、宮川は「屁の音、入っているかもしれませんよ。ブパチッ!って」と戸惑うことしきり。タートルズメンバーのレオナルドは「屁をこいたとしても素晴らしかった」、ミケランジェロは「臭かった!」と茶々を入れるなど、藤森が起こしたハプニングを大いに盛り上げていた。

今回が声優初挑戦となった宮川は「一生懸命やらせていただいた。120点!」と自身の演技に大満足。藤森は「子供の頃からタートルズの大ファンだった」そうで、「すごく幸せ」とニンマリだ。息ぴったりの掛け合いを見せた2人に、レオナルドは「芸人さんとしてはもちろん素晴らしい。声優さんとしても素晴らしいことがよくわかった。これ以上、声優さんたちの仕事をとらないであげてほしい」と切実な願いを語り、会場の笑いを誘っていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:7/25(月) 13:13

Movie Walker

なぜ今? 首相主導の働き方改革