ここから本文です

日韓外相会談、慰安婦合意履行を確認

WoW!Korea 7月25日(月)15時52分配信

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と日本の岸田文雄外相が25日午前、ARF(ASEAN地域フォーラム)が開かれるラオスの首都ビエンチャン市内で会談をおこない、慰安婦財団設立など日韓関係の懸案などを協議した。

 尹炳世外相はこの日午前9時15分から55分まで40分間、会談を開いた。この会談で両国はこれまでの友好関係を評価し、来月に推進されている日韓中外相会議と下半期の日韓中外相会談についても意見を交換した。

 来る28日に慰安婦財団設立を控え、日本側が約束していた10億円拠出時期については議論されなかった。

 ただし尹外相と岸田外相は日韓協力を通して、慰安婦合意の誠実な履行を再確認。両国は、財団の円滑な出発のために局長級協力を通じて緊密に協力することにした。

 また、北朝鮮の核や弾道ミサイル挑発が朝鮮半島の平和と安全を害し脅かすという認識を同じにし、北朝鮮制裁と圧迫共助を維持し続けることにした。

 さらに南シナ海と関連し両国が既存の基本的な立場を維持し、朝鮮半島THAAD配置関連についても日本は指示するという立場を再確認した。

最終更新:7月25日(月)15時52分

WoW!Korea