ここから本文です

ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

レスポンス 7月25日(月)19時0分配信

ホンダが今秋、欧州での納車を開始する予定の新型『NSX』。同車の欧州仕様について、環境性能が明らかにされている。

画像:ホンダ NSX 新型

新型NSXの欧州でのコンセプトは、「スーパーカーセグメントに、新たなスポーツ体験を」。フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなど、世界に名だたるスーパーカーの本拠地、欧州市場に新型NSXを投入するにあたり、ホンダが重視したのは、パフォーマンスと環境性能の両立。

新型NSXはミッドシップに、新開発の直噴3.5リットル(3493cc)V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは欧州仕様の場合、最大出力507ps/6500-7500rpm、最大トルク56.1kgm/2000-6000rpmを発生する。

高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。フロントにモーターを2個、リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、合計3個のモーターを配置した。欧州仕様の場合、モーターの最大出力は74ps。システム全体で581psのパワーと65.9kgmのトルクを引き出す。

『ラ・フェラーリ』、『P1』と、最高峰クラスにハイブリッドを設定するフェラーリとマクラーレン。しかし、新型NSXがベンチマークとするフェラーリ『488GTB』やマクラーレン『650S』は、ハイブリッドを持たない。

新型NSXの欧州仕様の環境性能は、欧州複合モード燃費が10km/リットル、CO2排出量が228g/km。フェラーリ488GTBの8.8km/リットル、260g/km、マクラーレン650Sの8.6km/リットル、275g/kmに対して、ハイブリッドならではの優位性を備えている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月25日(月)19時0分

レスポンス