ここから本文です

任天堂が急落、「ポケモンGO影響は限定的」で 一方、バッテリー関連が活況に

ITmedia ビジネスオンライン 7月25日(月)12時11分配信

 7月25日の株式市場で、任天堂(東証1部)が急反落。午前の終値は前週末比4815円安(-17.06%)の2万3405円にまで下げた。「Pokemon GO」(ポケモンGO)の国内配信が始まった前週末の取引時間終了後、同ゲームについて「業績への影響は限定的」と発表したことで手じまい売りが相次いだ。

【その他の画像】

 日本マクドナルドホールディングス(JASDAQスタンダード)が450円安(-12.43%)の3170円、サノヤスホールディングス(東1)が値幅制限の下限(ストップ安)となる150円安(-19.06%)、イマジカ・ロボットホールディングス(東1)がストップ安の300円安(-22.73%)など、「ポケモノミクス」と呼ばれ急ピッチで上げてきた銘柄が軒並み連れ安となっている。

 一方、ポケモンGOのプレイヤーはスマートフォンの予備バッテリーを持ち歩くことになる──という思惑からか、投資家の物色はバッテリーメーカーに向いている。

 FDK(東2)は一時値幅制限の上限(ストップ高)となり、午前終値は35円高(+32.41%)の143円と大幅続伸。周辺機器メーカーのアイ・オー・データ機器(東1)も一時ストップ高となり、午前終値は140円高(+19.00%)の877円だった。

最終更新:7月25日(月)15時30分

ITmedia ビジネスオンライン