ここから本文です

篠原信一 柔道着姿を「コスプレ」呼ばわりされ「違う」と怒る

東スポWeb 7月25日(月)18時21分配信

 元柔道家でタレントの篠原信一(43)が25日、東京・豊島区のサンシャインシティ内で開催される「体感妖怪アドベンチャー GeGeGe 水木しげるの大妖界」(26日~8月29日)のプレス内覧会に出席した。

 柔道着に身を包んで現われた篠原は、一反もめんに乗って陽気に記念撮影に応じていたが、リポーターから「コスプレですか」とからかわれると「違う。これは正装といっても過言ではない」と声を荒らげ、シドニー五輪柔道100キロ超級銀メダリストのプライドをのぞかせた。

 とはいえ、リオデジャネイロ五輪を前にしてもなお、柔道関連の仕事のオファーは全くなし。「こういう姿を世間に見せることで、篠原はやっぱり道着が似合うなと映ると思う。あとはカメラマンさんの腕にかかっている。いい映りでお願いします」などとトンチンカンなことを言い出す始末だった。

 ところで現在、モンスターといえば、ゲームアプリ「ポケモンGO」が世界で大流行中。篠原は「話題のモンスターもいいが、やっぱり原点に戻って妖怪ですよ!」と訴えた。

 また、ロシアのドーピング問題について「しているのかしていないのか、若干わからないところがある。不正行為はダメだが、しっかり調べてもらって、ドーピングしていない選手が五輪に出られないことがないよう配慮してもらいたい」とアスリートの立場からまじめにコメント。続けて「強豪のロシアが出ないから金メダルを取れそうだとか、そういう考えをする選手は日本にはいない」と断言した。

 報道陣もさすがメダリストと感心していたが、直後に「でも、自分の時は同じ階級でロシアに強い選手がいたので『ヨシ!』と思っていたかもしれない」と本音を漏らし、ひんしゅくを買った。

最終更新:7月25日(月)18時26分

東スポWeb