ここから本文です

「ハイスコアガール」が約2年ぶりに連載再開! 押切蓮介「気を引き締めて頑張ります!」

ねとらぼ 7月25日(月)12時30分配信

 押切蓮介先生の漫画「ハイスコアガール」が、7月25日発売の「月刊ビックガンガン」2016 Vol.08で約2年ぶりに連載を再開しました。押切先生は再開を待ち望んでいたファンに向け、「待ってて下さった方々本当に申し訳ございません。気を引き締めて頑張ります!」とツイートしています。

【付録のクリアファイルはファミコン柄】

 表紙&巻頭カラーで、特典として押切先生の描き下ろしクリアファイルと、SNKやカプコン作品の販促イラストなどで知られる森気楼さんによる描き下ろしの単行本カバー(第6巻用)が付属します。

 同作は、アーケードゲームを通じて知り合った主人公とヒロインの青春ラブコメディーで、実在するゲーム作品が作中に多数登場する漫画。2014年8月、作中に自社が著作権を所有するキャラクターを複製使用したとして、SNKプレイモアが出版元のスクウェア・エニックスを刑事告訴。その後、2015年8月24日にSNKプレイモアとの問題が解決したとして、「月刊ビックガンガン」公式サイトで連載の早期再開を発表していました。

 連載再開に合わせて単行本最新6巻のほか、加筆、修正を施し、16ページの描き下ろし読み切りを収録した描き下ろし表紙のリニューアル版「ハイスコアガール CONTINUE」1~5巻も発売。

 さらに、東京・中野の「SF DEPT.」では、8月7日まで企画展「ハイスコアガール CONTINUE展」を開催中。「ハイスコアガール」の複製原画をはじめ、歴代プレゼントグッズやポスター、作品キャラと記念撮影できるパネルが展示されているほか、サイン入り単行本などの特製グッズも販売されます。入場は無料。

最終更新:7月25日(月)12時30分

ねとらぼ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。