ここから本文です

英ベテラン俳優、テロ事件多発のため改名を余儀なくされる!

Movie Walker 7月25日(月)17時36分配信

英国のベテラン俳優マイケル・ケインは、相次ぐISに関連したテロ事件のために改名を余儀なくされたと語っている。

【写真を見る】空港で疑われる!?マイケル・ケインが改名

英国王室から大英帝国勲章を受章し、「サー」の敬称で呼ばれているマイケル・ケインの本名は、サー・モーリス・ジョセフ・ミクルホワイト・ジュニアだ。しかし、ISのテロに伴う警備の強化で、本名を使うことができなくなり、法的な手続きをふんで芸名のマイケル・ケインに改名したそうだ。

「ISをめぐる様々なことのせいで、僕は名前を変えた。空港の警備スタッフが僕を見て『こんにちは、マイケル・ケイン』と言うんだ。そこで彼にパスポートを見せて違う名前が書いてあると、僕はそこで1時間も待たされる羽目になる」とマイケルは英紙ザ・サンに話している。

パスポートの名前が違うといらぬ詮索をされて、空港で面倒くさいことになるので、正式に「サー・マイケル・ケイン」になったそうだ。

フランスとベルギーでのテロ事件の後、欧州の空港では非常に厳しい警備態勢が敷かれており、著名人でも簡単には国境を行き来できなくなっているようだ。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:7月25日(月)17時36分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。