ここから本文です

鳥取砂丘が「ゲーム解放区」に 鳥取県「自然の中でポケモンが待っている」と観光客誘致

ITmedia ビジネスオンライン 7月25日(月)15時24分配信

 鳥取県は7月25日、「鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言」を発表した。「美しい自然の中で多くのポケモンが皆様を待っている」と、スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)を鳥取砂丘への観光客誘致に活用したい考えだ。

【鳥取砂丘には大量のポケストップが】

 広大な鳥取砂丘には「ポケストップ」が多数あるとしてユーザーの間で話題になった。NHKの報道などによると、平井伸治知事は「広い砂丘なら安全。夏休みの旅の目的地として選んでもらいたい」などと話したという。

 ただ、事故防止として「掟」(おきて)を設定。(1)熱中症や事故・けががないように注意、(2)砂丘の生き物や他人に迷惑をかけない、(3)砂丘の景色や昆虫・植物などを楽しもう──というルールを呼び掛けている。

 鳥取砂丘は鳥取市の日本海岸に広がる県のシンボル。鳥取砂丘周辺の観光客は2015年に301万人と、前年から1万2000人増えている。

最終更新:7月25日(月)15時24分

ITmedia ビジネスオンライン