ここから本文です

Pokemon GO効果? Ingressユーザー急増 App Storeのランキング、一気に1000位上昇

ITmedia ニュース 7月25日(月)15時46分配信

 米Nianticの位置情報ゲーム「Ingress」がここ数週間で急速に人気を高めている。App Storeの無料総合ランキングは10日で1000位も上昇し、25日現在5位に。Nianticが開発に参加した「Pokemon GO」の人気が波及しているようだ。

【その他の画像】

 Ingressはスマホの位置情報を使った“リアル陣取りゲーム”で、2013年に公開された。プレイヤーは2つの陣営に分かれ、現実世界の名所などに設定された「ポータル」をハックし、自陣のエリア拡大を目指す。Ingressの技術はPokemon GOに応用されており、ポータルの情報はPokemon GOのポケストップに流用されている。

 最近、Ingressの人気は落ち着いていたが、ここ数週間で急速に人気を高めたようだ。App Storeの無料総合ランキングでは7月12日に圏外を脱し、1088位にランクイン。その後順位を駆け上がり、22日に24位に、24日には5位に上昇した。

 Google Playの総合ランキングでは、15日に圏外から473位に入ると、その後順位を上げ、24日に12位に入った。

 Pokemon GO関連の報道でIngressが紹介されるケースが多く、注目を集めたようだ。16日にはIngress史上最大のリアルイベント「Aegis Nova Tokyo」が都内で開かれ、1万人以上のユーザーを集めるなど、既存ユーザーの熱気も高まっている。

最終更新:7月25日(月)15時46分

ITmedia ニュース